今までテザリングでPS4のリモートプレイをするのは少々つらいものがあると思っていた。
通信量が最低画質でも結構食うし、ラグもある。
何よりブチブチ切れて使い物にならない。

しかし先日速度を測ってみて驚いた。
全然余裕のある速度が出ているではないか。

image


つまりあれだ、
これは"通信の最適化"とか言うやつのせいではなかろうか。

通信の最適化とは

通信の最適化とは、スマホにとっては重い動画や画像、音楽を
キャリアが勝手に圧縮しているしているものである。
auでは常に圧縮されているわけではないが、局所的に、基地局(つまりその土地)ごとに
最適化が行われている場合がある。これはドコモでもソフトバンクでも同じことだ。

つまり圧縮が行われているということは画質の劣化や音質は落ちているわけであり、
そうでなくても、PS4のリモプのような相互通信で
送信されたものと受信したものが異なれば当然不具合が出てくる。

ということで通信の最適化を切ってみた

そもそもとして、通信の内容はキャリアが勝手に変えていいようなものでは無いのだが、
一応auもdocomoも通信の最適化の解除ができる。(ソフトバンクはうんこだからできない)

私はauなので157へ電話し、5→2と押すことで解除の手続きを始められる。
この時理由を聞かれるのだが、
正直にPS4のリモートプレイで不具合が出ることを伝えるだけでよい。
そもそも何故権利を行使するのに理由を聞かれなければならないのかわからないが、
通常1時間から、長くて1日で解除してもらえる。

結果

まだ数回しかやっていないので正確では無いが、
あれから切断される頻度は激減した。
心なしかラグも少なくなった気がする。
なにはともあれ、通信の最適化を解除することは、
テザリングでのPS4リモートプレイには必須のように感じる。

ということで、どうしても電車でPS4がしたい諸君、
通信の最適化を解除してみてはいかがだろうか。