au版Xperia XZ、SOV34ではテザリングの通信量がカウントされない不具合があります。
それについての解答を頂けたのでここに掲載いたします。
正直納得できる内容ではありませんが、Xperia XZが欲しくてかつテザリングを使う方はau版以外を購入しましょう。











日頃よりauをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
KDDIお客さまセンター××でございます。

このたびはご回答までにお時間をいただき、誠に申し訳ございません。

お問い合わせいただいておりました「テザリングの使用量の確認」について、ご案内いたします。

■テザリングの使用量の確認について

恐れ入りますが、Xperia(TM) XZ SOV34が使用しているチップの仕様により、テザリングのデータ使用量を確認することができません。
そのため、今回のお問い合わせにつきましては、大切なお客様からのお声として、社内全体で共有させていただきました。

本メールをもちまして即時でのご対応とならず、誠に申し訳なく存じますが、弊社といたしましても、お客様に快適にご利用いただけるサービスの提供にむけて、改善に努めてまいります。

今後ともauをご愛顧くださいますようお願いいたします。




ということで、何故かau版Xperia XZ SOV34ではテザリング通信量がカウントされないクソ仕様であり、
同じSoCを搭載しているHTV32及びドコモ版Xperia XZ SO-01Jでは正しくテザリングをカウントできるという状況になっております。
また、au版Xperia XZではテザリング使用後にWi-Fiに接続できなくなる不具合も抱えており、今後もauでスマートフォンを購入する際には注意が必要となっております。

追記


同一SoC及び同一機種であるSOV33やHTV32、ドコモ版SO-01Jではテザリングのカウントができるため、
再度問い合わせたところこんな回答がありました。



日頃よりauをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
KDDIお客さまセンター△△でございます。

お問い合わせいただいていおります、テザリング機能の情報蓄積について、再度のお時間いただく次第となり、大変申し訳ございません。

上記内容に関して、あらためて以下にご案内いたします。

ご指摘いただいておりますとおり、テザリング通信のカウントにつきましては、同一のチップセットが搭載されているXperia Z4 SOV31などでは、端末上で使用量をご確認できます。

利用可能な製品とXperia XZ SOV34の違いについて、メーカーへの確認を行わせていただきましたところ、ソフトウェアに実装されている機能が異なる事による影響との回答がございました。

※Bluetoothテザリングに関しましても、同様の理由とご理解ください。

また、Xperia XZ SOV34に関しましても、今後配信されるAndroid7.0へのソフトウェアアップデートにより、テザリング使用量のカウントを可能とさせていただく予定でございます。

ご不便をおかけいたしますが、何とぞご了承のうえ、よろしければ上記アップデートの配信まで、今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

当メールでのご案内が、(自分)様のお役に立ちましたら幸いです。

今後ともauをご愛顧くださいますようお願いいたします。



ということで、チップの”仕様”だと言っていたものは結局のソフトウェアのバグでした。
いつになるか分からないAndroid7.0での修正となるようです。
本当にありがとうございました。

追記
なんと、SOV34がdocomoよりたった1週間と1日遅れという驚異的な早さでアップデートされるとアナウンスが有りました!
Xperia™ XZ SOV34 OS アップデート情報
2017年1月20日より順次アップデート開始です。
尚、海外版XPERIA XZではAndroid7.0へのアップデートを行うと、
アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージの遅延が悪化するようですのでご注意下さい。




アップデートしてみた


特に不具合はなさそうです。
テザリングが正常にカウントされるようになりました。
チップの仕様をソフトウェアで回避できたのはさすがですね!
デレマスの遅延は変化なし。
相変わらずタップ音ONではプレイはできないでしょう。
→18~19で音有りでもプレイ出来るようです。
ただ、これはアップデート前と変化ありません。
重くなったりバッテリーが消費されやすくなったりということもありません。
テザリング後にWi-Fiに接続できなくなるバグもなくなりました。

これでやっとマトモに使えるようになる...。

アップデートオススメです。