先日、Twitterを眺めていましたら、


ということで申し込んでみました。

いやあ、そろそろ2A流せるモバブが欲しいとは思ってたのよねぇ。



パッケージ的には、最近よくあるAnkerやAukeyのような中華モバイルアクセサリーメーカーのよう。

DSC03416
DSC03417

○nkerみたいに無駄にしっかりとした箱にポエムの書いた紙、広告などが入っているということは無く、
内容物は本体のほかに説明書(もちろん英語だ)とUSBケーブルのみ。
箱も無駄に凝った作りではありません。
いいんすよ、このくらい割り切っていて。

DSC03418

...ラベルが曲がってたり、箱の緩衝構造の一部が破れていたりしたけど。

これがCoolreall(クレエ)のモバイルバッテリー。
クレエって読めないけどクレエなのだ。

DSC03422

Amazonの商品名にはありませんが、裏面には「K6」と印刷されていました。

DSC03425

端子類は中央のUSB入力と、左右のUSB出力、あとLEDライトがついていました。

サイドの電源ボタンを押すごとに、給電モードとLEDライトモードと切り替わるようです。
まあ、LEDライトはおまけというか、よくあるLED一灯のキーライト程度です。
特別明るかったりはしませんが、特に付いていることへの不利益も無いでしょう。

DSC03423

それにしても、大きいわりにあまり重くないですね。
私が今まで使ってきた三倍の容量があるとは思えません。

DSC03426
メーカー 容量 重さ
SONY 2000mAh(7.2Wh) 90g
ELECOM 5200mAh(19.2Wh) 155g
Coolreall 15600mAh(57.7Wh) 340g

...着実に重くはなっているのですが。



このモバイルバッテリーでは、残容量が4段階で示されるようです。

DSC03433
DSC03434

ご覧のとおり、真上から見ればそれなりに明るいものの、
ななめから見る分には適当な輝度です。

さらに2ポートあるので二台同時に充電が可能。

DSC03431

一応Amazonの商品ページには「各2.1A出力」と書いてあります。

なので嬉しいことにスマホとゲーム機が同時に充電できます。
...が、このモバイルバッテリーは±DATA線がショートされてないようで、
PSVITAはそのままではこの充電器では充電することができず、
変換アダプターなどを通しての充電となります。

前の充電器では充電できていたので、ちょっと残念。
まあ外でVitaの充電が切れることってめったに無いですが。

しかしさすが2.1A出力。充電速度はコンセントからの充電と変わりません。





とにかく、本当にモバイルバッテリーは安価になりましたね。(モニター参加した人の言うことかw)

Coolreallさん本当にありがとうございます!

実際に使ってみた様子は以下の記事(ひとさまの記事)でどうぞ。